温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

稲取温泉(静岡県)


東伊豆の温暖な気候の中で潮風を感じ、

東伊豆の海が一望できる旅館や露天風呂が多いので温泉プラス海のパワーで癒されます。


なんといっても新鮮な海の幸が楽しめることが大きな魅力です。

特に有名なのは金目鯛。ぜひ堪能してみてくださいね。
 

温泉は高血圧に改善効果があるといわれる硫酸塩泉です。

温泉自体は57度の高温泉なので、
ぬるめにしてゆっくりのんびりお楽しみください。


泉質

硫酸塩泉


効用

リウマチ・動脈硬化・高血圧



 


〒413-0411
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1521-3
http://www.inatorionsen.or.jp/onsen/index.html


 

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

温泉に入ると身体が温まり血行が良くなることは当然のことですが、

その効果がさらにパワーアップしている温泉があります。


それは炭酸泉です。
炭酸を含んだ天然温泉のことです。


飲料水でおなじみのシュワッとした炭酸ですが、
炭酸には血管を拡張させて血流を促進する作用があるのです。
そのため疲労回復、冷え性改善、高血圧を改善などの健康効果が期待できます。


世界中に点在する炭酸泉ですが、ドイツのバート・ノイエンアールが有名です。


バート・ノイエンアールの源泉は、
ヨーロッパでは数少ないアルカリ性温泉で、炭酸を含む特別の水は、飲泉療法、温泉治療用に最適です。


バート・ノイエンアールの鉱泉の三つの基本的な特徴は、
自然温度で34度から41度で、ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素・温炭酸泉を含有し、
自然含有の炭酸の量は非常に高く、固定した形と分離した形があります。


心臓、血管、循環系疾患、姿勢及び運動器官の疾患、リューマチ疾患、消化器系疾患、新陳代謝障害、腎臓及び尿路疾患、一般的な衰弱、回復期などに効能があります。


また、日本にも炭酸泉は数多くあります。

湯の中に炭酸の清涼感が良く残っている日本の温泉を紹介しましょう。


大分県の長湯温泉の「ラムネ湯」



和歌山県の花山温泉
 








温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

豊富(とよとみ)温泉


豊富温泉(とよとみおんせん)は北海道天塩郡豊富町にある温泉。


もともとは火傷に効くと評判でしたが、最近はアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に有効ということが話題になっています。


含よう素-ナトリウム-塩化物温泉(弱アルカリ性高張性温泉)と含よう素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(弱アルカリ性高張性冷鉱泉)の2種類の泉質があり、いずれも黄濁し、井戸からは石油や天然ガスとともに湧出してくるため僅かに油分を含んでいます。このため保温保湿効果が高く、乾癖やアトピーに対しては、油分に含まれるタールが抗炎症作用を発揮すると考えられています。


また、弱アルカリ性で高張性の温泉は肌にやさしく、温泉成分が体内に浸透しやすいと言われます。成分に多く含まれる重曹・ホウ素は皮膚を綺麗にする・殺菌効果が高いという特徴があります。



藤澤皮膚科院長 Dr.藤澤重樹先生によると

『メタケイ酸(美肌効果)、メタホウ酸(消毒効果)、マグネシウム(炎症鎮静効果)が高い濃度で含まれ、植物起源の有機質からなるモール泉も相俟って、皮膚に多角度な面から効用がある非常に優れた温泉である。これほどアトピーや乾癬に有効な温泉は他に類を見ない。』ということです。皮膚科医のお墨付きとはすごいです。



豊富温泉は1999年には町営の保養宿泊所「湯快宿(ゆかいじゅく)」が設置され、長期滞在型の湯治もできます。

2015年には 名湯百選に選ばれました。

2017年には、豊富町教育委員会は、アトピー性皮膚炎などの皮膚病で通学が困難な小・中高校生を対象に、宿泊費や交通費などを助成する湯治モニターを募集しました。


ぜひ湯治に訪れてみてくださいね。




温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

なんと、東京のど真ん中、花のビジネス街の大手町に温泉が出た〜!!

温泉街??ビジネス街?? 浴衣ってあり??

三菱地所の再開発事業で、温泉の掘削に成功した、ということで
2016年に星のや旅館もオープンする予定で、
そのほかには温泉付きフィットネスクラブなども計画されているようです。

仕事帰りにちょっと温泉・・・
温泉街っていうイメージを覆す新しい名所の誕生になりますね。



温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり事業

パワースポットとして全国的にも有名な新潟県の弥彦温泉郷。
薬師の湯とも呼ばれ薬効高いと評判の同じく新潟県の湯田上温泉。

この二つの温泉街では、乳がんの早期発見と乳がん体験者への理解と癒しのおもてなしを心がけて、「ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり事業」に取り組みました。

この趣旨に賛同した温泉街のピンクリボン認定旅館では乳がんの患者さんやご家族に優しい次のような配慮をしています。

1、乳がん体験者同士やご家族には大浴場や家族風呂を無料貸切り。気兼ねなくゆったりと温泉を楽しむことができます。
2、手術のあとが気になる方は、入浴着を着ての入浴ができます。
3、乳がんの自己触診法を表示した「シャワーカード」等を設置するなど、お客様の乳がんの早期発見をお手伝いします。
4、従業員が、乳がん体験者の気持ちを理解しておもてなしをします。
5、貸切り入浴を体験していただける、乳がん体験者の交流会を開催します。

温泉ウェルカムネットワークと同様に、
このような取り組みが全国に、世界に、拡がってくれることを願います。