温泉・温泉、こんなときは温泉だよね下呂温泉下呂温泉(岐阜県)の歴史

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

下呂温泉(岐阜県)の歴史


下呂は、古くは下留(げる)といい、
やがて「げろ」と発音されるようになったそうです。

下呂温泉の源泉は、平安時代の中期、今の温泉街から4kmほど離れた湯ヶ峰山中で発見されました。

その後、鎌倉時代に飛騨川からもこんこんと湧き出したそうです。

温泉街の中央を流れる飛騨川の両側には現在も源泉が多数あります。

戦国時代、織田信長が湯治のために飛騨を訪れたという記録があります。
はっきり下呂温泉という記録ではありませんが、
飛騨川の源泉あたりを訪れた可能性が高いです。

室町時代の僧・万里集九が、
詩文『梅花無尽蔵』に優れた温泉地として
「草津、有馬、湯島(下呂)」と書いています。

その後江戸時代、儒学者・林羅山が

「我が国には多くの温泉があるが、最も著名なのが、有馬、草津、湯島(下呂)である。有馬、草津は広く世の知るところだが、湯島は古来の霊湯なことを知る者は少ない。だが入湯者はその験を得ざることなし」と書き残し、

これらのことから下呂温泉は、草津、有馬と並ぶ「日本三大名湯」と呼ばれています。

ここに書かれた昔の呼名「湯島」は、現在の「湯之島」です。

ここにある老舗の『湯之島館』は
昭和33年、昭和51年に天皇・皇太后陛下が宿泊されたことでも有名です。
天皇が宿泊された部屋は、今は私たち一般客も利用可能です。

湯之島館の木造和風建築と近代洋風建築を融合させた画期的な建物は、
モダンな風情を残していい雰囲気をかもしだしています。

下呂温泉 湯之島館

下呂温泉には有名な白鷺伝説があります。

昔むかし・・・
下呂には豊かに湧き出る温泉があり村の人たちに親しまれていました。

ところがある日、大地震がおこり、下呂のお湯がぱったりと止ってしまったのです。

村の人たちはたいそう悲しみました。

そんなある日、一羽の白鷺が益田川の河原に降り立ちました。

あくる日もその次の日もその白鷺はやってきて、同じ場所でじっとしているのです。

不思議に思った村人がそこを訪れると、
温泉がこんこんと湧き出ているではありませんか。

そして、白鷺が飛び去ったあとには、一体の薬師如来像が。

そう、白鷺は村の人たちを哀れんだ薬師如来の化身だったのです。

 


<<下呂温泉(岐阜県)温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ八ヶ岳名湯 唐沢鉱泉(長野県)>>