温泉・温泉、こんなときは温泉だよね草津温泉草津温泉で温泉熱発電

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

草津温泉温泉熱発電

群馬県草津温泉では1971年から
自然エネルギー活用に対する取り組みを行っていることで有名です。

このたびその一環の、温泉熱発電による事業が環境、経済産業の両省から
モデル計画として初めて認定されました。

これまでにも豊富で高温の温泉源が道路の雪を溶かしたり
施設の暖房などに活用されてきました。

今回の発電事業は、この温泉源の活用をさらに促進させるものです。

温泉熱発電では、環境にやさしく安全で、安価なアンモニア水を利用した「カリーナサイクル方式」を採用しました。

これは96度の地元の「万代源泉」が通っている蒸気発生機に
沸点がマイナス33度のアンモニアを流し込むことで、一気に加熱し、

そこで生まれたアンモニアの蒸気でタービンを回し発電する仕組みです。


発生した電力は、地下の源泉から温水をくみ上げるポンプや旅館などの宿泊施設に供給されます。

このことで 年間約7097トンもの二酸化炭素削減効果が見込まれるんです。

地球の温暖化防止に貢献しているわけですね。

人にも地球にもやさしい、、、温泉っていいなぁ〜

九州の筋湯温泉でも温泉発電やってます

 

 


<<泥湯温泉(秋田)温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ小安峡大噴湯☆小安峡温泉(秋田県)>>