温泉・温泉、こんなときは温泉だよね秋田県小安峡大噴湯☆小安峡温泉(秋田県)

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

小安峡大噴湯


奥羽本線「湯沢駅」より羽後交通小安峡行きバスで40分行くと小安峡です。

小安峡は約8kmにもわたる渓谷です。

その上流で毎時10tもの湯を吹き上げているのが小安峡大噴湯なのです。

98度の温泉が蒸気となって大きな音を立てながら吹き上がるようすは大迫力!

10月下旬〜11月中旬は、
鮮やかな紅葉と吹き上がる銀色の蒸気とのコントラストが特に見事で絶景です。

江戸時代には大勢の湯治客で賑わい、
秋田藩主・佐竹氏も訪れたといわれる小安峡温泉は、

無色透明、ナトリウム塩化物硫酸塩泉で、
婦人病に効用があり子宝の湯とも呼ばれるほどです。


また、秋田名物『稲庭うどん』のシコシコ感は絶品です。

稲庭うどんは、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに
日本三銘うどんといわれています。

コシのある歯ごたえ、なめらかな舌ざわり、ツルツルした味わいと、
さらに繊細な線の細い上品さを備えたおいしさは病みつきになりますよ(^_^)v


 


<<草津温泉で温泉熱発電温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ白金温泉(北海道)>>