温泉・温泉、こんなときは温泉だよね温泉情報温泉での楽しみは温泉饅頭(まんじゅう)

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

温泉での楽しみは温泉饅頭(まんじゅう)

温泉での楽しみの一つ、お土産の定番は温泉饅頭ですね。

温泉饅頭(まんじゅう)はふつうの蒸しまんじゅう(薄皮まんじゅう)で、
そのルーツは中国の慢頭(まんとう)です。

14世紀ごろ京都の禅寺の僧侶が宋に留学した際に、いっしょに来た林浄因という人が日本に帰化し、奈良で慢頭を売り出したのがはじめといわれています。

これが全国に広まり、現在のまんじゅうになりました。

現在、温泉饅頭として有名で、温泉饅頭の元祖といわれているのが伊香保温泉の「湯の花まんじゅう」です。
伊香保温泉では温泉まんじゅうのことを「湯の花まんじゅう」と呼ぶのです。
これは伊香保独特のお湯の色(湯の花の色)と同じ色のおまんじゅうを作ろうとしたためです。

伊香保温泉の湯は鉄分が多く空気に触れて茶褐色になるため「黄金の湯」と呼ばれています。

明治43年のことでした。老舗・勝月堂の初代、半田勝三さんが初めて作りました。
今でこそ温泉饅頭の定番の茶褐色ですが、当時の饅頭の常識は白だったので、いろいろと試行錯誤して作り上げたそうです。

勝月堂は伊香保神社のすぐ下にあります。

温泉饅頭の元祖「湯乃花饅頭」の出来たてをほおばりながら石段を歩くのが伊香保温泉の楽しみの一つですね。

伊香保温泉でウォーキング

 


<<温泉情報満載DSソフト 全国どこでも温泉手帳温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ混浴・にごり湯の露天風呂☆塩原温泉の秘湯、元湯温泉>>