温泉・温泉、こんなときは温泉だよね福島県いわき湯本の温泉 いわきフラオンパク開催

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

いわき湯本の温泉 いわきフラオンパク開催


いわき湯本の温泉は、「三函(さはこ)の湯」と称され、平安時代「延喜式神名帳」に記載のある温泉で、有馬温泉、道後温泉と並ぶ日本三大古泉とも称されています。

いわき湯本の温泉源は、地下深部で湧出する化石海水で、国内でも稀な温泉です。

この化石海水は古代第三期の地層から湧出しており、2〜3万年もの間空気に触れることなくマグマの地熱で温められ、大地の恵みをしっかりと受けとめ豊かな成分を含有し、断層亀裂を通じて上昇し温泉となり、私たちに潤いと癒し、そして健康と美をもたらしております。かつてこの地が炭坑だった時代、温泉は毎分110tも湧出し、石炭採掘の障害になっていたほどでした。

療養泉 温泉のうち、特定の物質が含まれ「特に治療の目的に供しうるもの」は、療養泉と定義されています。
当施設の温泉は、多様な成分が含まれており、療養泉に分類されています。


泉質 硫黄泉(含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩泉)
塩化物泉(ナトリウム・塩化物・硫酸塩泉)
温度 58.8℃(高温泉)
湯量 毎分3 t(当施設使用量・一施設使用量国内最大規模)
水素イオン濃度 pH8.0(弱アルカリ性泉) 


この地域で、いわきフラ温泉泊覧会(=いわきフラオンパク)が開催されます。

いわきフラ温泉泊覧会(=いわきフラオンパク)は、いわき地域において温泉を核としたウェルネス産業を起こす事を目的としています。


■開催概要

1.主 催:いわきフラオンパク実行委員会
2.共 催:いわき観光共同キャンペーン実行委員会
      ※構成組織:いわき市、いわき商工会議所、常磐興産株式会社、
            いわき湯本温泉旅館協同組合、社団法人いわき市観光物産協会
3.期 間:2008年1月6日(日)から3月2日(日)まで
      ※初年度第1期開催
      ※2010年までの3ヵ年を予定。第2期以降の日程は未定

4.場 所:いわき湯本温泉郷を中心とした「いわき市内」

5.テーマ:「フラガールの生まれた街で“元気”になる」


いろいろな楽しいイベントがいっぱいです。


 


<<温泉が滝つぼ カムイワッカの滝温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ酸性泉の滝つぼ☆秋田県川原毛温泉>>