温泉・温泉、こんなときは温泉だよね温泉情報温泉地に異変が・・・

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

温泉地に異変が・・・

東日本大地震の影響か日本各地の温泉地に異変が起きています。

☆湯量が倍に

岐阜県飛騨市神岡町の割石温泉では、震度2を観測した3月11日の地震直後、数秒湯が止まり、その後、毎分45リットルだった湧出量が60リットルに増加しました。

割石温泉は大震災前の2月27日に震度4を観測した時も、湧出量28リットルから45リットルに増え、温度も約38度から4度近く上がったそうです。

☆透明だった湯が白濁

茨城県大子町にある袋田温泉では、それまで無色透明だった湯が白濁してしまいました。今まで飲泉による効能があるとされ、飲用医薬部外品としての許可を取得している名湯でしたが、温泉の成分に変化が見られたとのことなので、今後の詳しい情報を待ちたいです。
☆温泉が噴出した

福島県いわき市の旧炭鉱の縦穴から突如温泉が噴き出しました。

☆温泉が止まった

山形県大江町の柳川温泉では300リットルの湯が出なくなり、やむなく3月下旬から日帰り入浴を休止しました。

新潟県弥彦村では観音寺温泉の源泉が突然枯れ、老舗旅館が3月末に閉館に追い込まれました。

地震の影響で日本の地殻に大きな変動があったようですね。詳しいことは専門的な調査を待つことになりますが、改めて自然の脅威を感じます。

<<鳴き砂温泉 京都・琴引浜温泉・温泉、こんなときは温泉だよねのトップへ下部温泉第28回やまめ祭り>>