温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

モール温泉・北海道十勝川温泉のホワイトアスパラガス


平成16年度に北海道遺産として選定されたモール温泉「十勝川温泉」。

十勝川温泉は古来からアイヌに「薬の湯」と言い伝えられたように美肌効果がある温泉です。
「モール」とは英・独語で湿原(泥炭地)のことで、ヨーロッパでは肌に腐植物を含む泥炭泥を直接体に塗る美容法の一つが「モール浴」と呼ばれています。

「モール温泉」は泥炭などに由来する腐植物を含むアルカリ性の温泉のことで、モール浴に似た効果が期待されることに由来します。

日本では最初に十勝川温泉がモール温泉として有名になりました。

泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。

適応症は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾患、慢性消化器官、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、観光増進、虚弱体質、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど。

湯を飲用すると慢性消化器弱、慢性便秘、糖尿病、通風、肝臓病に効果があります。


十勝川温泉のある音更町は、日本有数の大規模農業地で、小麦、大豆、小豆、ブロッコリー、ニンジンなどの農産物が日本でトップクラスの収穫量を誇っています。また、モール温泉豚も有名です。
そこで、今度は新たにホワイトアスパラガスづくりが始まります。

実はアスパラガスの栽培には一定の温度が必要なので冬期間に国産品はほとんど流通していないそうです。それなのに厳寒の北海道でなぜ??

実は十勝川温泉の温泉熱を利用するのです。
さっそく栽培試験が、音更町の十勝川温泉の足湯施設で始まりました。

ホワイトアスパラガスとは、グリーンアスパラガスの芽が出る前に土盛りをして光を当てないようにして 白く仕上げたものです。ドイツやオーストリアでは白アスパラはシュパーゲルと呼ばれ、春の味覚として珍重されています。

グリーンアスパラガスをよく見かけるので、ホワイトアスパラの清楚な色は新鮮に映り、十勝川温泉の名物になりそうです。

モール温泉とホワイトアスパラガス・・・
いかにも美肌・美白効果がありそうな感じがしますね。




温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

十勝川温泉は美肌と豚で有名

十勝川温泉はモール温泉とも呼ばれ、美肌の温泉として有名です。

そのヒミツはモール泉に含まれる豊富なミネラル成分です。

日本の多くの温泉が、火山の熱によるものですが、十勝川温泉は非火山性温泉です。

北海道帯広市の郊外、音更町の十勝川温泉ですが、
この周辺一帯の地中深くにある岩盤層が地球の地殻運動で摩擦熱を帯び、
その熱で地下水が温められる、というわけです。

この付近の一般的地層は、国内では稀な花崗岩の礫層があり、
火山灰土の下部に古代の植物が堆積した泥炭層、その下に亜炭層、さらに岩盤層へと地中深く続いています。

泥炭層はおよそ300万〜1500万年前の針葉樹、潅木、葦、藻類などが堆積物した地層で、太古の植物が未分解のまま有機物としてその成分が長く保存されているのです。

つまり地下水には泥炭層の有機物質、
花崗岩のミネラルがたっぷり溶け込んでいるのです。

このミネラルがモール温泉に含まれる有機と結びつくと、
有機ミネラルという物質に変化し、皮膚の細胞に浸透しやすくなります。

この有機ミネラルはフミンという物質で、細胞再生を促し、つるつるの若々しい肌になります。

十勝川温泉はこのフミン物質が著しく豊富な温泉で、世界でも稀な植物性泉質と花崗岩ミネラル成分が偶然にも合わさり初めて生まれる、奇跡の温泉なのです。美肌の湯、美人の湯といわれるわけです。


さらに、十勝川温泉では、
このミネラルたっぷりの琥珀色の湯「モール温泉」を養豚場の豚に飲ませているんです。
モール温泉を飲んで育った豚はとても健康で、肉質がしっかりし、かみ応えがあり、とてもおいしいそうです。

この「モール温泉豚」の豚料理は十勝川温泉の新たな名物になり、
旅館やホテルで大変好評だそうです。

豚まんやチャーシュー入りのカップ麺も旅館やホテルの売店で販売されています。

ぜひ食べてみたいですね。

さらにさらに!ホワイトアスパラガスの生産も始まるようです。




温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

川湯温泉☆酸性の湯がアトピーに効く

北海道の屈斜路湖と摩周湖の間にある川湯温泉は、
医学的に貴重な日本でも数少ない療養温泉として知られています。

硫化水素を含む酸性の温泉には、鉄イオンとアルミニウムイオン、水素イオンが含まれています。その効能は、強い酸性による抗菌作用により、アトピー性皮膚炎をはじめ、皮膚疾患に高い効果があります。

日本でも珍しい『源泉100%かけ流し宣言』をしている温泉街には、約70か所の源泉から硫黄の香りと湯煙が漂い、温泉情緒もたっぷりです。

霧の摩周湖、巨大なコバルトブルーの屈斜路湖、硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っている硫黄山など、観光名所も多いので、湯治でも観光でも楽しむことができますね。



アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラム

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

金の沢天然温泉 開拓 ふくろふ乃湯


北海道の森の中にひっそりとある感じの、
癒し系温泉が「金の沢天然温泉 開拓 ふくろふ乃湯」。

源泉かけ流しですが、ぬるめなので、加温しています。

茶色のお湯はつるつるで、いかにも美肌に効果ありそうです。

ここのオススメはなんといっても露天風呂です。

経営者が造園業ということもあり、センス抜群、
滝も見え、北海道の大自然の中に一体化するような見事な景観の露天風呂です。


金の沢天然温泉 開拓 ふくろふ乃湯

源泉かけ流し(加温)
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)

住所 北海道石狩郡当別町字金沢157番7

アクセス 

電車:JR石狩金沢駅より徒歩3分。

自動車:国道275線を月形方面へ向かって進み、左側です。)

入湯料 大人 600円 小人(小学生以下)300円

営業時間  午前11時〜午後8時

定休日  火曜日

連絡先 株式会社桂造園  011-377-8772

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

豊富温泉(とよとみおんせん)

北海道の豊富温泉は日本最北の温泉郷です。

北海道の北部に位置し、北は稚内市、南は幌延町、東は猿払村に堺し、
西は日本海に面しています。

古くから火傷に効く温泉として知られている肌にやさしい温泉です。

お湯はアルカリ性でわずかに黄濁、なめるとしょっぱい味がします。

大正末期に石油の採掘中に湧き出た温泉で、弱い石油臭があるのも特徴です。


豊富温泉は湯治湯として有名な温泉です。

アトピーや乾癬など皮フ疾患に悩む湯治客が全国から訪れます。

そのわけは・・・お湯の効能はもちろんですが、

「湯快宿」という湯治客(皮膚疾患者)用宿泊施設があるのです。

湯快宿は低料金で利用できる自炊型の宿泊施設で、

効果的な温泉の利用方法は湯快宿の親切な管理人さんが指導してくれるので、
安心です。

アクセス

* JR北海道宗谷本線豊富駅より沿岸バス豊富留萌線で約10分。
      ハイヤーは豊富駅前に1台のみ常駐。但し、日曜と祝日は休業。
    * JR北海道宗谷本線幌延駅より沿岸バス豊富留萌線で約15分。
    * 札幌駅前ターミナルより都市間バス特急はぼろ号で約5時間。

豊富温泉 ホテル豊富(HTC提供)



アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラム


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

紅葉を楽しむ温泉 大雪山 旭岳温泉

大雪山連峰は日本で最も北に位置する山々です。

その中でも最も高い旭岳は、日本で一番早く紅葉がはじまるのです。

今年、2008年は、8月に気温が氷点下に下がった日が3日あったため、例年よりもさらに2週間ほど早い紅葉が、もう始まっています。

ウラジロナナカマドやウラシマツツジ、チングルマなど黄色や赤色の美しい紅葉がすでに見ごろを迎えているのです。

幸い、9月に入って、冷え込みが穏やかになったため、紅葉の進みは遅くなり、しばらくの期間は楽しむことができそうです。

旭岳のロープウエー駅付近に複数の温泉宿があります。

無色透明の温泉は、柔らかな泉質の石膏泉がよくあたたまります。

★大雪山 旭岳温泉 宿泊施設一覧★


旭川駅前〜旭岳 いで湯号(バス)時刻表

☆6月15日〜10月15日までの期間

<いで湯号 運行経路・運賃>
○ 旭川駅前(乗り場4番)〜旭岳(始発終点:旭岳ロープウェイ山麓駅前)の区間、1日4往復の運行となります。旭川駅前〜旭岳までの区間運賃は、行き・帰りとも1,320円です。
 
 
<いで湯号 運行順路・時刻>
 
旭川駅前 発 → 旭岳 着 <行き> 
順      路 1便目 2便目 3便目 4便目
旭川駅前 9:30 10:45 13:10 15:10
東川道の駅・道草館前 9:57 11:12 13:37 15:37
旭岳 10:40 11:55 14:20 17:00
 
※所要時間は1時間10分、4便目のみ天人峡経由のため1時間50分。
 
旭岳 発 → 旭川駅前 着 <帰り>
順      路 1便目 2便目 3便目 4便目
旭岳 8:45 10:50 14:35 17:05
東川道の駅・道草館前 9:54 11:30 15:15 17:45
旭川駅前 10:25 12:00 15:45 18:15

★大雪山 旭岳温泉 宿泊施設一覧★

 

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

ニセコ五色温泉

スキー場で有名な山ニセコアンヌプリの裏側、
イワオヌプリの麓にニセコ五色温泉があります。

大湯沼で有名なニセコ湯本温泉のさらに奥です。

アンヌプリ峰とイワオヌプリの間の峠にあって、
近くの山の家の他には人家はない大自然の中にあります。


北海道虻田郡ニセコ町ニセコ510
TEL:0136−58−2707
FAX:0136−58−2783

営業時間 8:00−21:00
休館日 木曜日
料金 400円


交通アクセス

札幌から国道230号線もしくは国道5号線を経由して、ニセコ町に行く。

ニセコ町から道道66号線(パノラマライン)に入り、アンヌプリ方面へ進む。

昆布川温泉を過ぎ大湯沼の案内を頼りに山道を登る。

ニセコ湯本温泉を過ぎてから五色温泉へ。倶知安からも行けるが、冬期は閉鎖されている。駐車場は広い。ニセコ駅からバス便あり。

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

温泉が滝つぼ カムイワッカの滝

カムイワッカの滝(かむいわっかのたき)は、北海道、知床半島のほぼ中央にある活火山・硫黄山を源流とする川にある滝です。

滝つぼ自体が天然の温泉になっています。

2005年、世界自然遺産に登録され知床は世界的に有名になりました。

そのなかでもカムイワッカの湯の滝はぜひ行ってみたい神秘的な秘湯です。

観光客で混雑し水着で入っている人がほとんどです。

カムイワッカの意味は、KAMUY(神また魔、またはクマの意味)、 WAKKA(水の意味)です。
この川の温泉成分が強い硫黄成分を含むため、有毒であり生物が生息できない「魔の水」の意味と解釈されています。

温泉の登り口では水温約28度だが、20分ほど登ると沢の水と約70度の温泉が混じり合い、滝つぼの中でちょうど良い温度の天然の温泉になっています。

ただしそこに行くまで道は険しく滑りやすく、裸足やサンダルで登るのは危険です。
国立公園内なので、ロープ等もありません。

近年、特に世界遺産登録後の観光客の急増に伴い、厳しい立入規制が行われるようになりました。

2007年カムイヤッカの滝  登坂規制

【散策可能期間】2007年7月13日(金)〜9月20日(木)
上記期間以外は土砂崩れ防止工事のため通行不可
散策は道道知床公園線から約100mまで

2008年の規制についてはお問い合わせください。↓

北海道斜里郡斜里町(硫黄山山麓カムイヤッカ上流)
TEL:01522−3−3131
(斜里町観光課)


泉質 硫黄泉
効能 胃腸病、筋肉痛、婦人病など

アクセス

網走から国道244号線で東へ向かい、斜里町から国道334号線に乗り換えてウトロに向かう。ウトロから知床林道に入り、知床五湖の手前で右折してダートに入る。ダートに入って8km程度。冬季は通行止め。

夏にはかなりの車が入って混みます。駐車は林道脇に停めます。

 

滝つぼの温泉 秋田 川原毛温泉


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

サミット(主要国首脳会議)開催地、洞爺湖温泉の新たな洞爺湖ブランド


洞爺湖町洞爺湖温泉の飲食店では、訪れた人に心を込めた洞爺湖ブランド発信を目指しています。

このほど地元特産のトマトのうち、特に厳選された高糖度のトマトで観光客をもてなす動きが出てきました。

世界の人をうならせる味のトマトは壮瞥町のトマト。

通常出荷されるトマトのうち全体の四分の一程度、特に甘いものが収穫されるそうです。
その甘さは、トマトの常識を超えて、感動を生むとも言われています。

サミットをきっかけに、洞爺湖温泉のトマトが世界的なブランドになるでしょうか?

応援したいですね。


 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

来夏に日本である主要国首脳会議(G8サミット)の首脳会合が、北海道の洞爺湖温泉地域で開かれることになりました。

北海道の大自然は美しい国をアピールするのに最適だと思います。

各国の首脳に洞爺湖の温泉にゆっくりつかってほしいものです。

会場と宿泊施設は洞爺湖畔の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」を予定しているそうです。

洞爺湖と内浦湾を見下ろす山の上にあり、すばらしいホテルです。

話のタネに、ぜひ一度行ってみたいものですね。

すばらしい部屋や設備はコレ↓

 

サミット開催決定!ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

カルルス温泉(北海道)

カルルス温泉は全国的に有名な登別温泉からわずか8キロほどの奥にあります。

温泉療法医・阿岸祐幸氏(北海道大学医学部教授 登別分院長内科、専門は温泉医学、糖尿病)もオススメの温泉です。 

カルルス温泉は、多くの温泉がお湯を循環させる方式を採用する中で、昔ながらの浴槽へ放流し、浴槽に入れた温泉を回収、循環させていないナマの温泉に入浴されるように努めています。

泉質は単純泉で無色透明、無味無臭で石鹸もよく泡立つほか、入浴しても肌触りが柔らかく、刺激もありません。

その主な成分が硫酸ナトリウム、硫酸カルシウム、重曹、塩化ナトリウムです。

この泉質が、ヨーロッパの代表的な温泉であるチェコのカルルスバード(現在カルロビ・バリ)の泉質に非常によく似ていることから名前が付けられました。


山峡の名湯・カルルス温泉の歴史は、1886(明治19)年、室蘭郡役所の書記を勤めていた日野愛憙(ひのあいき)氏が屯田兵入植地として登別川上流の調査をしていた際に、発見されたことに始まります。

官吏としては開拓に全力を注いでいた彼はこの温泉の開発までには至りませんでした。

ところがその3年後、彼の養子であった日野久橘(きゅうきつ)氏が再びこの温泉を発見。試しに温泉の湯を飲んでみたところ、持病の胃カタルが治ったことから興味を抱き、温泉の開発に情熱を注ぐことになります。

そしてついに1899(明治32)年、薬商であった市田重太郎氏と共同で許可を得て幌別からカルルス温泉までの道路を開設し、旅館一軒、浴場一棟を建て開業しました。

 

泉質は含ナトリウム(カルシウム)塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉の単純泉で、温いマイルドな湯です。

 

カルルスの湯は、高血圧症、病後・疲労回復、自律神経失調症、偏頭痛などのストレス病に効能があり、温泉そのものを楽しむお年寄りや、日頃の疲れを癒す場としては最適のところです。

カルルス温泉は、海抜250mのところに位置して昼夜の気温の差も少なく、森林に囲まれて空気がきれいです。

それに穏やかな陽射しがある典型的な保護性気候の場所にあります。

海の風にはヨ−ドやカルシウム性分を含み、山からの風にはいわゆる森の精の芳香性テルペン系物質がたっぷり含まれている。

この風が自律神経やホルモン系に心よい刺激を与え鎮静化作用を起こして、ストレスを解消し、不眠症や高血圧症の人達に、ゆったりした安らぎを与えてくれるのです。


--------------------------------------------------------------------------------
<所在地>北海道登別市カルルス町

<交通>室蘭本線登別駅から道南バスで登別温泉まで15分。登別温泉からさらにバスで15分
<泉質>単純温泉

 

★お得なプランでGWにオススメ!日本全国おすすめ温泉地大特集★

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

定山渓温泉で「若さ持ち帰り『温泉泊覧会』」 話題のアンチエイジングを体験

http://www.bnn-s.com/news/07/02/070215131623.html

以下、「今すぐ北海道」のニュースサイト引用です。

 

温泉と食事、そして創る&体験で若返る「温泉泊覧会」
 
 
 脳年齢、肌年齢、体内年齢などをチェック。若返りのためのアドバイスも。

 定山渓観光協会は3月1日から開始する新プラン「若さ持ち帰り『温泉泊覧会』」の参加者を募集している。
 
 これは健康が気になる世代をターゲットに、2泊3日の温泉旅行で若さを取り戻してもらおうというもの。流行の「アンチエイジング」を狙った企画として、注目を集めている。

・・・・・つづきは、「今すぐ北海道」のニュースサイト


 
 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

氷上露天風呂で南極気分☆然別湖畔温泉

然別湖は北海道、大雪山国立公園の南部に位置するカルデラ湖です。

南・北ペトウトル山、白雲山、天望山などに囲まれ、
北海道で最高所にある自然湖「然別湖」は大自然を満喫でき、心安らぐ温泉です。

北海道の天然記念物・ミヤベイワナが生息していることでも有名です。

露天風呂からの夕焼けはまさに絶景!

含重曹食塩泉、含ホウ酸食塩泉の温泉は神経痛等に効能があります。


然別湖はカヌーやラフティング、熱気球など四季折々のスポーツが楽しめる道内有数のアウトドアフィールドなので、スポーツで汗を流して、温泉でゆったり疲れをとる、というプランもいいですね。

また、毎年冬、1月から3月までは、「然別湖コタン(村)」が開催されます。

然別湖コタンは、最大で厚さ80センチもの氷で覆われる湖上に、
イグルー(氷の小屋)や露天風呂をつくって楽しむイベントでことしで26回目。

高さが約5メートルある氷のバーでは氷の棚に色とりどりの酒瓶が並ぶ幻想的で神秘的な光景はすばらしいです。

名物の氷上露天風呂は岸から約100メートルの湖上にあります。

のんびり温泉につかりながら観る凍った湖面が広がる雄大な景色は
北極か?南極か??と間違うほど!

 

然別湖畔温泉

泉質 

塩化物泉(含重曹食塩泉、含ホウ酸食塩泉)

硫黄泉

効用

一般的適応症、神経痛、慢性便秘、糖尿病

 

 

 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

洞爺湖温泉冬まつり

2月6日から12日までは「洞爺湖温泉冬まつり」が開かれます。

洞爺湖温泉冬まつりは6回目を迎える冬のお祭り。

札幌の雪まつり期間に合わせ開催され、
2月6日から12日までは毎夜8:30より10分間程度花火も打ち上がります。

また、期間中足湯「洞龍の湯」と「薬師の湯」についても午後9時まで開放されます。

10日の本祭り当日にはイベントが盛りだくさん。↓

国際人間ばんばラフティング大会が開催、なんと優勝賞金10万円!

夜には80メートルの大仕掛け花火「ナイアガラ」が打ち上げられます。


洞爺湖温泉では、その後も続いて2月24、25日は、
冬のスポーツの祭典「第19回 昭和新山国際雪合戦」が行われます。

真冬の北海道で、楽しい冬ならではのイベントを満喫して、

ほっかほかの温泉で体を温め心地よい疲れを癒す・・・・

いいですね〜。。。。。

洞爺湖温泉

泉質
ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)

効用
きりきず、やけど、慢性皮膚病。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進。


 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

白金温泉(北海道)


美瑛町の市街から白金温泉へと向かう道は、「白樺街道」と呼ばれ、美しく涼しげなシラカバ林が約4km続いています。

白金温泉は、十勝岳・美瑛岳、美瑛富士などへの登山基地としても知られています。

登山の後に汗を流し、掛け流し源泉100%の湯につかりながら
ゆったり過ごすのも最高ですね。

東に国立公園大雪山系の十勝岳連峰、南に下ればラベンダーが咲き誇る上富良野、北に上がれば北海道第2の都市、旭川があり、360度に渡って北海道を楽しめるロケーションも魅力です。

 十勝岳連峰から流れ出し、
白金温泉街を流れる美瑛川は「ブルーリバー」と呼ばれています。

この川は温泉成分が流れ込んでいるため、1年を通してきれいな青色に見えるのです。

特に冬は、美瑛川に落ち込む「白ひげの滝」も凍り、
白と青のコントラストが感動の美しさです。

 

 泉質

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
 
効用

神経痛に効能が高く、「杖忘れの湯」といわれています。
そのほか、筋肉痛、慢性消化器病・痔病・慢性皮膚病など。

 


 


温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

アトピー・皮膚病・痔に効く温泉 〜北海道〜


十勝川温泉  

十勝川温泉 第一ホテル


豊富温泉

恵山温泉 北海道亀田郡恵山町柏野

温根湯温泉 北海道常呂郡留辺蘂町温根湯

川湯温泉 北海道川上郡弟子屈町川湯
川湯温泉観光協会 01548−3−2255

層雲峡温泉 北海道川上郡川上町層雲峡

協和温泉

五味温泉


北海道 源泉かけ流しの温泉

温泉・温泉、こんなときは温泉だよね

協和温泉(北海道)

協和温泉は、二酸化炭素泉(炭酸泉)です。

炭酸ガスの小気泡が汚れた皮膚の汚れを取り除く働きのある
肌触りの良い浴後さわやかな「冷の湯」として知られています。

炭酸の効果で、疲れた心身をすっきり癒してくれます。

効用

神経痛・関節痛・冷え性・五十肩・高血圧症・痔・痛風


飲用すると

高血圧症・慢性消化器症・糖尿病・動脈硬化症・便秘等に対して特に有効です。


くわしくはこちら↓↓

協和温泉

http://www.kyouwaonsen.jp/onsen/index.html